スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒蝿 パトリシア・コーンウェル

07 29, 2007 | 読書

0
黒蠅 (上)
黒蠅 (上)
posted with amazlet on 07.07.29
パトリシア コーンウェル 相原 真理子
講談社 (2003/12/26)
売り上げランキング: 169447

黒蠅 (下)
黒蠅 (下)
posted with amazlet on 07.07.29
パトリシア コーンウェル 相原 真理子
講談社 (2003/12/26)
売り上げランキング: 166605


ケイ・スカーペッタシリーズ。
ネタバレしまくりの為、感想は続きに箇条書き。
・まず言いたいのはこれ。ベントン生きてたわ……。ありえないわ。それはやっちゃまずいわ。
・スカーペッタが40代に設定し直し。特に説明はなくいきなり40代に若返るスカーペッタ。それはやっちゃまずいわ。っていうかそんなの始めて見た。これなんて同人。
・天才姪っ子のとこの組織やばいわ。何その私情リンチ殺人組織。正義面すんなクソが。やってることはただの殺人じゃ。
・もうとにかくスカーペッタまんせ~。会う人間会う人間全てがスカーペッタに惚れます。老若男女の区別なし。犯罪者も警官もみんな夢中さ。スカーペッタ最高!スカーペッタ天才!政治に巻き込まれ検視局長の座を追われたスカーペッタってかわいそう……!!!ああスカーペッタ、そのセクシ~な肉体と雷鳴の如き静かな知性(まじで)
・ここまで書いて、ハリウッドスター・レオナマツザキを思い出す。
・萌え怖い。このシリーズは私の中で死んだ。


みんなのマドンナスカーペッタとともに急激に劣化する検視官シリーズ。
死んだはずのベントンが唐突に登場したシーンでは、思わず巻末を捲り、発行年月日を確認してしまった。
以前読んだ本をまた間違えて読んでるのかと思った。
違った。
素でマジだった。

天才天才と連呼される姪っ子ルーシーから初登場の女性警官までみんなスカーペッタに夢中。
犯罪者は刑務所の中からスカーペッタに恋焦がれ、犯罪者の愛人はスカーペッタに嫉妬する。
マリーノとベントンはスカーペッタを廻って三角関係。
あとなんかいきなりマリーノに息子がいることになってんですが、これは前作で出てきたのかな。飛ばし読みしてるからわからん。

あとですね。
そろそろ60代のはずのスカーペッタが諸般の事情によりいきなり40代ってことになってんですよ。
あれだろ、主にラブロマンスのためだろ。
確かに60代じゃ犯罪者に欲情されるセクシー検視局長としてはちょっと厳しいですね。
再登場したベントンともいちゃいちゃさせたいんだろ。
もうお腹一杯だ。
そういうのは完結させたあとに同人誌でやれや。

« 絶叫城殺人事件 有栖川有栖 波のうえの魔術師 石田衣良 ★★★☆☆ »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
管理人

omi

Author:omi

基本的に暇。

和風偽レトロPBW【仮名の審理】 保管庫
【仮名の審理】保管庫
http://notfound.mirzam.net/
2002年から2007年までさくらさんと運営していた創作PBWです。
順次ログ掲載中。

仮名の審理の二次創作等を行う場合は、お手数ですが保管庫へのリンクをお願いします。
保管庫はリンクフリー・リンク報告不要です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブクラウド

▲NOW

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。